安心・安全
安全・品質の追求

ヤマトオートワークスは、ヤマトグループのグループ企業理念・企業姿勢で定める「人命の尊重と安全の確保」に基づき、業務上のいかなる時も人命の尊重を最優先すべく、「安全第一」の理念を徹底しています。社員が安全に安心して働ける環境をつくることで、ミスや事故の撲滅を図っています。

1.安心・安全を生む仕組み

お客様に高品質なサービスを提供するために、社員全員が適正な価格で、約束した日程、時間内に最も安全で、最も効率的な作業を取引先様と協力して行うために、当社はヤマトオートワークスプロダクションシステムを全国で導入しております。

(1)「歩かない」「動かない」「探さない」「迷わない」を基本行動とした最短かつ効率的な作業レイアウト

車両や人の移動距離が長くなればなるだけ、事故の発生リスクは上がり、身体への負担も重くなります。
ヤマトオートワークスは、作業効率を大幅に向上した整備工場「スーパーワークス」を全国に展開し、安全・品質の高度化に取り組んでいます。

(2)ムリ・ムダ・ムラを発生させない作業計画づくり

日次計画ボード

ヤマトオートワークスの整備は、業務量予測に基づく計画作業です。お客様拠点からの引取り、整備作業、納車まで全工程の計画を事前に作成し、当日整備車両の「見える化」に取組む事により、正確な納期と無理のない安全で高品質な作業を実現します。

同時に、社員の日々の労働時間に対して業務量が適正かをツールで管理することにより、「社員の働き方」にも配慮しています。

(3)構内表示の統一化

工場には、様々な機器工具類及び設備があります。誰が見ても直観的に理解できる様にピクトグラムを活用した表示を行い注意喚起するなど、安全で安心な職場環境作りを推進しています。

(4)構内駐車位置の確定

ヤマトオートワークスではお客様の車両を作業計画に沿って入庫し、駐車位置を作業工程(作業待ち・作業中・納車待ち)毎に定め、滞留車両の削減を図っています。
同時に、車両のフロントガラスに車内看板表を置くことで、見える化することにより、人や車両の移動を最小限に抑えています。

フロントガラスに車内看板表示を置いています。

自走防止装置

輪止め効果を確実に得るため、作業場の駐車位置に溝を設け、ヒューマンエラーによる自走事故を防止しています。

2.安全教育と全社運動

(1)運送業向けの高いレベル安全運転管理教育

事業場責任者には、運送事業会社と同レベルの安全研修を行う事によりレベルの高い安全管理に努め交通事故防止に取り組んでいます。

又、社員全に対しては、年2回の添乗指導教育を実施し、安全運転技術のスキルアップに努めています。

(2)交通事故ゼロ運動・労災事故ゼロ運動

ヤマトオートワークスの安全啓蒙活動の一環として、交通事故ゼロ運動は、春と秋の年2回、労災事故ゼロ運動は年1回、冬に開催しており、全社員が一丸となり事故の撲滅を目指し、運動に参画しています。

又、デコレーションコンテストや美化コンテスト等を同時に開催し、安全で事故のない豊かな社会の実現に貢献しています。

静岡裾野工場
胆江整備工場