人権・ダイバーシティ
人権・ダイバーシティの取り組み

ヤマトオートワークスは、「ハラスメントの無い職場環境」「法令の遵守」「社員の声を大事する風土」の実現に向けて取り組んでいます。

ヤマトグループの取り組み

ヤマトグループ人権方針

ヤマトグループは、社会的インフラ企業として、豊かな社会の実現に持続的に貢献することを使命としています。お客様、ビジネスパートナー、地域社会、国内外で働く従業員など、多様なステークホルダーと協力し事業を営む中で、人権を尊重することは企業としての責務と認識しています。そして、ディーセント・ワークの達成による“誰一人取り残さない”社会の実現に向け人権を尊重し多様性を認め合う社会づくりに貢献していきます。

ヤマトグループは、「国連グローバル・コンパクト10原則」に賛同し、「国際人権章典」ならびに人権に関する国際条約、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」等のガイドラインを尊重しています。
また、国際労働機関(ILO)の「労働における基本的原則及び権利に関する宣言」に記された結社の自由及び団体交渉権、強制労働や児童労働の禁止、差別の禁止を遵守するべきものとして理解しています。

私たちの人権尊重に関する基本方針を「ヤマトグループ人権方針」と定め、本方針に基づき、人権尊重の取組みを進めていきます。人権尊重に関する基本方針を「ヤマトグループ人権方針」と定め、本方針に基づき人権尊重の取組みを進めていきます。

ダイバーシティ基本方針

ヤマトグループは、社員の多様性を尊重し、一人ひとりが能力を最大限に発揮することが新たな価値を生み出すイノベーションの源泉となり、会社の成長と豊かな社会の実現につながると考えています。
ヤマトグループのDNAである「全員経営」の考え方のもと、多様な人財がイキイキと活躍できる職場環境の整備と、多様な人財の育成により、グループ全体でダイバーシティを推進します。

ヤマトオートワークスの取り組み

ハラスメント防止教育

ヤマトオートワークスは、ハラスメントの無い職場環境を目指します。
働きやすい職場環境づくりのため、ハラスメント教育・啓発活動を行い、管理職がハラスメントに関する問題に適切に対応し、より良い職場づくりが出来るように研修を実施しています。

倫理・コンプライアンス教育

ヤマトオートワークスは、法令を遵守します。
コンプライアンスについて、社員の理解を深めるため、具体的に何が違反に該当するのかを研修を通じて会社全体として意識を高めています。
コンプライアンス意識が薄れることのないよう、研修は定期的に実施すると共に、法改正についても常時チェックし、社内に情報共有しています。

社員面談

ヤマトオートワークスは、社員の声を大事にします。
毎年、社員と面談し、職場内の問題や困りごとなどの声を吸い上げて会社の課題と認識し、より良い職場づくりに役立てています。